Right 組織文化 正しいコトをやり抜く意志が、世界を変える

一人ひとりのメンバーが
じぶんの想いを貫き通せる組織でありたい。

それを支えるのは絶対的な信頼です。

より大きな目的を共有し、互いに尊重し合い、
強い意志で前進していきます。

3つの特徴

全ての意思決定は“達成の歓び”を分かち合えるかどうか

人は、自分が心の底からやりたいと思うことをしているときが
最も高いパフォーマンスを発揮できると考えています。
やりたい仕事があるとき、やりたい新規事業があるとき、
新しい制度やルールを導入するときなど、組織としての判断が求められます。

でも、私たちは、それが上手くいきそうとか、儲かりそうとかには興味がありません。
「達成の歓び」を分かち合えるかどうかのみに関心があります。
これが私たちの全ての意思決定の基準です。

信頼に根差した経営

一人ひとりのメンバーを信じ切ります。
だから、KVARTで大切にしているのは「管理」ではなく「尊重」。
一人ひとりが自立した常識ある大人として互いに接します。

新しい働き方、新しい組織の在り方へのあくなきチャレンジ

自分が信じる正しい道。
それは、ビジネスかもしれませんし、ビジネス以外のことかもしれません。
それを追求したいという人を応援する組織でありたいと願っています。

そのために、常識にとらわれず、自由でオープンな議論を通じて、
新しい働き方を常に模索し続けていきたいと考えています。

そのような考え方から生まれ、実施しているアイデアの一部を紹介します。

・完全フレックスタイム。各自がベストパフォーマンスを実現できる時間帯で働きます。
・服装も自由。各自TPOを考えれば良いことです。
・働く場所についても、最も仕事が捗る場所を自分で考えて選びます。

書:大澤真祐子