Honesty リーダーシップ 至誠により切り拓かれる、新しい未来

ボードメンバーをはじめスタッフ、メンター、フェロー。
KVARTでは各分野でリーダーシップを発揮する人々と
信念と真心をもって、まっすぐ正直に、
新しい未来を切り拓いていきます。

ボードメンバー

河野 浩人
President and CEO
河野 浩人
田山 貴教
COO
田山 貴教
トルステン・フィッシャー
Business Developer
Torsten Fischer

代表取締役 兼 最高経営責任者(President and CEO) 河野 浩人(Hiroto Kawano)

1971年生まれ、東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業。公認会計士。太田昭和監査法人(現 新日本監査法人)、日興コーディアル証券株式会社を経て、2003年に独立し、河野公認会計士事務所を開業。「一人でも多くの人々と“達成の歓び”を分かち合いたい」が信条。新しい会計事務所のあり方を探求し続け、200社超の税務会計クライアントをはじめ、「いい会社」で満ち溢れた社会を創ることを目標に掲げる。共に働くメンバー全員が仕事の歓びを感じ、才能を如何なく発揮できる組織作りに何より心を砕いている。

最高執行責任者(COO) 田山 貴教(Takanori Tayama)

1978年生まれ、茨城県出身。慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科卒業後、日本ビジネスタンク株式会社(現 レイス株式会社)で「人」に関わるビジネスを経験後、スタートアップ投資を主とするベンチャーキャピタル・インキュベーション事業を展開するPE&HR株式会社を経て、2015年3月、河野と株式会社KVARTを共同創業し現職に。"みんなの可能性を広げたい"をライフワークとし、組織のリーダーが本当にやりたいことを実現するため「いい会社」「いい組織」づくりに邁進している。並行して「教育」「ライフスタイル」「文化・芸術」「クリエイティブ」など領域の垣根を越えて"想い"を分かち合える仲間と共同プロジェクトを推進している。

事業開発 フィッシャー トルステン (Torsten Ficsher)

ドイツ出身。オークランド大学 (NZ)、ビーレフェルト大学 (DE)、ウィーン大学(AT)で学ぶ。イノベーション及び組織開発コンサルタントとして、多国籍企業、大学、スタートアップ、政府関係機関、NGOなどのプロジェクトを経験。自らもスタートアップの創業を経験。2016年、日経新聞社とオーストリアのPioneersの合弁企業COOとして、同年3月の『PioneersAsia』に貢献。同年9月、日経新聞と金融庁が共催した『Finsum(FintechSummit)』のプログラムディレクターを経て、KVARTに参画。大手企業と欧州及びアジアのスタートアップとのコラボレーションによる新しい価値創造を強みとし、とりわけソーシャルアントレプレナーシップに高い関心を持っている。

メンター

鎌田恭幸

鎌倉投信株式会社 代表取締役
http://www.kamakuraim.jp/
鎌田 恭幸 (Yasuyuki Kamata)

1965年生まれ、島根県出身。東京都立大学卒業後、日系・外資系信託銀行を通じて20年以上にわたり資産運用業務に携わる。株式等の運用、運用商品の企画、年金等の機関投資家営業等を経て、外資系信託銀行の代表取締役副社長を務める。2008年11月、鎌倉投信株式会社を創業。資本の論理に翻弄される金融から脱却し、社会を本当に豊かにするための金融のあり方を実直に、誠実に求め続ける。

仁禮 精範

有限会社ニレコンサルティング 代表取締役 仁禮 精範 (Yoshinori Nire)

1940年生まれ。ゼネラル石油で人材開発委員会委員・営業戦略・新規事業・他主要職を歴任後、ゼネラルとエッソ石油の経営統合を中枢で推進した。2000年に有限会社ニレコンサルティングを設立し、代表取締役に就任。エクソングループで身に付けた、徹底した効率的手法・施策を活用した経営コンセルティングを提供。上場企業から中堅企業まで幅広い組織において、経営改革、人事制度の仕組みづくり、プロパー役員及び次世代の経営幹部育成、業務改善・実務・現場力向上など「人」を起点とした経営基盤強化を実現するコンサルティングに定評がある。
株式会社一柳アソシエイツのレジスタードパートナー、一般社団法人日本秘書協会の監事。20年以上に渡り、東京外国語大学アメリカンフットボール部の総監督として後進の育成を行い、また、学生の就職支援を継続する等、プロボノ精神で精力的活動を続けている。

フェロー

ピーター・D・ピーダーセン

次世代グローバルリーダーのネットワーク「NELIS」 共同創設者
http://www.nelis2020.net/
http://www.transagent.co.jp/service/tacl
ピーター・D・ピーダーセン(Peter David Pedersen)

1967年生まれ、デンマーク出身。高校時代に初来日、その後、ドイツで日系企業に勤務。コペンハーゲン大学文化人類学部卒業後、再来日し、以来日本で過ごす。20代は、国際シンポジウムを企画し、ピーター・F・ドラッガー、マーガレット・サッチャー等を招聘、成功を収める。その後、マハティール・ビン・モハマド、リー・クアン・ユー、ジョン・K・ガルブレイス、レスター・ブラウン、ジョン・ネズビッツ等を訪問取材し、書籍の企画監修を行った。

2000年に、環境・CSRコンサルティング会社、イースクエアを共同創業。現在は、意思決定の基準を変え、真のサステナブルな社会づくりを目指す次世代リーダーのグローバルネットワークNELISおよびリーダーシップ・アカデミーTACL(タックル)の活動に軸足を移している。2014年12月、著書『レジリエント・カンパニー』を上梓。

金丸滋

株式会社アルプス 常務取締役 
http://www.alps-hs.co.jp/
金丸 滋 (Shigeru Kanemaru)

1974年生まれ、山梨県出身。日本大学卒業後、日本電気株式会社、六本木の飲食店オーナー兼店主を経て、現職。株式会社アルプスは、高速道路のPA、道の駅、白州の体感型自然施設『べるが』運営等を手掛けている。また、2014年12月、サラダボウル(農業)、FT山梨(食品加工)との共同出資により、株式会社プロヴィンチアを設立し、6次化推進中。
並行して、観光庁が進めるブランド観光地づくりの観光圏事業における八ヶ岳観光圏のプラットフォーム、一般社団法人八ヶ岳ツーリズムマネージメントの副理事長として、地域の活性化に向けて幅広く事業を展開している。

書:大澤真祐子